入院費用としてお金を借りる【※今日中にキャッシングする方法】

この不景気の時代にお金に余裕がある人はあまり多くはないでしょう。そのため、普通に生活できる分のお金をやりくりしていたとしても、予期せぬ出費が発しして、生活が困ってしまうケースは少なくありません。

 

そんな予期せぬ出費の中でも、病気やケガによる医療費は起きる可能性が高いでしょう。医療費の中でも、入院費用はばかになりません。数十万円必要になることもあります。入院の場合、その間は働けませんので、収入が減るということもあります。最近は入院の日数が減っているという話がありますが、病気やケガによっては長期の入院が避けられられないことは覚悟しなければなりません。入院時の自己負担費用の平均は30.1万円と言われています。入院費用はかなりの金額になることを覚悟する必要があるでしょう。

 

とはいえ、医療費には自己負担額に上限があります。医療費の自己負担が一定額を超えると、健康保険から「高額医療費」が支給されるのです。といても、高額医療費が支給されるのは数ヵ月後になりますので、一時的とは言え入院費用を支払う必要があります。一時的であれば、消費者金融のキャッシングからお金を借りて、高額医療費が支給されたらそれで返済するというのも一法です。

 

消費者金融のキャッシングであれば、比較的短い期間で融資が可能です。即日振込みが可能なケースもあります。といっても、消費者金融のキャッシングは金利が高めです。30日間無利息サービスのあるプロミス「※プロミスポイントサービスにお申込された方が対象」のキャッシングを利用するなどして、上手に利用することをオススメします。急ぎの方であれば消費者金融のキャッシングも仕方ないかもしれません。しかし、少し時間的な余裕がある人や長期的な返済を考えている人には、銀行系のキャッシングがオススメです。

 

最近では、消費者金融だけではなく、メガバンクや地方銀行などでキャッシングサービスを行なうようになっています。消費者金融に抵抗がある人も、銀行系のキャッシングなら安心という人もいるのではないでしょうか。銀行系のキャッシングの方が消費者金融のキャッシングよりも、限度額や高くて金利が低いという傾向があります。また、銀行系のキャッシングの方が審査が厳しいのではと考える人も多いですが、最近では比較的審査が優しいものも増えているようです。当然の話ですが、キャッシングは実際にお金を借りなければ返済の必要はありません。カードだけ用意しておいて、万が一の時に直ぐにキャッシングできるようにしておくのも良いかもしれませんね。

まだまだ続く 住宅ローンの金利低下

銀行間の貸し出し競争が激しくなっていることと、長期金利の下落基調のともない、住宅ローン金利の低下が続いているようです。
住宅ローン金利の低下は、借りる側にとっては、住宅の購入を考えやすくなり、住宅の販売が増加することになります。
さらに、住宅ローンの借り換えもしやすくなるので、メリットがあると言えるようです。

 

しかしながら、長期金利が、一気に転じて上昇することになれば、貸し倒れが増加することになり、銀行経営に悪影響を及ぼすリスクも含んでいるのです。
欧州の金融危機の深刻化などを受けて、日本国債は投資資産が安全資産と見られているので、こちらに流れる動きが強まっているため、国債価格は上昇基調のようです。

 

一方、長期金利は、7月の終値は0.875%で、前日よりも0.010%高くはありましたが、依然、下落基調が続いています。
これを受けての、住宅ローン金利の低下のようです。

 

金利の固定期間が10年の住宅ローンは利用者が多いのですが、みずほ銀行では6月分を年利3.1%として、5月より0.05%引き下げています。
これは、2003年7月以来、9年ぶりの低金利となりました。
また大手銀行では、変動型で金利の優遇措置を受けた場合、1%を切っているとのことです。

 

不動産経済研究所の発表によると、首都圏のマンション発売戸数は、4月は前年比181.7%と、大幅に増加したことを伝えています。
前年は、震災の影響で大きく落ち込んだという、その反動もあるのでしょうが、住宅ローン金利の低下も後押しをしていると見ているようです。
専業主婦ですが2社目のキャッシングは可能ですか?