債務整理後の借り入れ

過去に債務整理をしたことがある場合、「もう一度、借り入れすることはできるのか?」と不安に感じるかもしれません。

しかし、債務整理後の借り入れに成功している人も多くいますし、実際、プロミスやバンクイックなど、「債務整理をしたことがあるかどうか」を問題にしている業者はありません。

ここでは、債務整理後の借り入れについての注意点についてご紹介します。


■債務整理から何年経過しているか?

債務整理後の借り入れでは、「債務整理から、何年経過しているか?」が重要になります。

日本信用情報機構やシーアイシーなどに登録された事故情報は、5年を越えない範囲で保有されますので、債務整理から5年経過しているかどうかが1つのポイントになります。

しかし、債務整理から5年未満しかたっていない人が、どうしてもお金が必要な場合は、プロミスなど審査基準が緩いと思われるところに申し込んでみるといいでしょう。


■同じ業者には申し込まない!

債務整理には、任意整理や自己破産、特定調停などがありますが、借金の減額を認めてもらったり、あるいは、返済の免除を受けていると思います。

ここで、たとえば、レイクの借金について債務整理をした場合は、再びレイクに申し込むのは得策ではありません。

信用情報機関の登録が抹消された後でも、社内情報としてレイクが保有し続けていると考えられるからです。

そのため、レイクの借り入れについて債務整理をしたのであれば、プロミスやバンクイックなど、レイクとは無関係の業者に申し込む必要があります。


■即日融資が必要なら、決断は早めに!

もし、即日融資が必要であるなら、債務整理をしたかどうかではなく、「即日融資に間に合うかどうか?」について注意しなければなりません。

仮に、申し込み審査に通らなかったとしても、再び別の業者に申し込めばいいだけのことです。

まずは、プロミスやバンクイックなどの公式サイトにアクセスし、必要書類などについて確認するようにしてください。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9

最近のブログ記事